読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田辺聖子「ジョゼと虎と魚たち」

この本は"男と女"を八編の短編で描く恋愛小説だ。彼らの関係からは恋愛というより情愛という言葉が似合うような生々しさを感じる。私は田辺聖子があまり得意ではない。彼女の作品では常に、鼻にツンとつくような派手な香水の香りが充満しているような気がし…

ヘッセ「車輪の下で」

この痛みを誰もが一度は感じたことがあるはずだ。周りの期待に応えられない。どこか社会に馴染めない。もがいているのに思うようにいかない。なんで自分だけ。どうしてこうなってしまったんだろう。僕たちは能天気であどけない顔をしながらも、裏ではそんな…